FC2ブログ

牧場の王国

「牧場の王国に幻の鮭が管理人として君臨。 ある意味壮大なファンタジー」とはrainman様談。 本当は壮大な海におよぐ一匹の牛の物語(違
丸の内キャンペーン
皆さんこんばんは。
これを書いているのは昼間ですが
恐らく夜見る人が多いと思うので、敢えてこんばんは。

時知です。


先日、仕事のキャンペーンで丸ビルに行ってきました。
出来ればプライベートで来たかった・・・なんて思いつつも
しっかり丸ビルを満喫してきました。
ランチには「鯛茶」を食べたり、秋田県比内地鶏を使った親子丼を食べたり
美味しい干物と銀シャリのお店で食べたりと
大満足の昼休みでした。

肝心の仕事の方はと言うと
丸の内にお勤めの方にはあまり魅力がないのか
入会希望の方はあまり多くなく
正直本当にキャンペーンなのか?と疑ってしまうほどでしたが
一生懸命やってはいたので、まぁ好しとしましょう。

今回は丸ビルの入り口付近に、特設カウンターを設けてのキャンペーンだったのと
腕に腕章をつけていたので、インフォメーションと勘違いする人も多く
道を尋ねられる事もしばしばでした。

ご存知の通り、丸ビルは日本でも有数のビジネス街にありますので
非常に国際色豊かで、道を尋ねてくる人の半数は外人です。

一番多かった質問は


「Excuse me. How should the Imperial Palace go?」


要するに皇居に行きたい。と

「あー・・プリーズウェイト。


We are here


・・・・Please go to on straight this road」

「Please rise with the escalator.・・・あ~・・

turn to the left at once when it goes out.」

もうね、一杯一杯ですよ。
中学生レベルの英語での応対は、丸ビルのインショメーションではありえないです。

でも、間違いだらけでも結構伝わるもので、面白かったです(笑



まぁ、面白いって言えば







「Hey!!Excuse!! Maru Building here?」

と、聞かれ一瞬理解出来ずに


「はい?」

と、聞き返してしまったのですが、優しい彼はもう一度繰り返してくれました。



「is here Maru?」





意味の理解出来た僕は満面の笑みで答えました。






「Yes!!maru!!」




と、答えました。

いや、マルってお前・・・
でも確かにマルだよね。うん、マルだな
丸の内ビルディングって言った方が良かったのかな?って
ちょっと思ったけど、面白ければ良いかと思ってしまうのは人として間違ってるかもしれない。
そんな晩秋のキャンペーンでした。







スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
初コメント
こんばんわ。
ここでは初コメントですね♪
外国の人と話すのって楽しいよね。
言葉が通じなくても人と人はコミュニケーションをとれるんだなぁとかやけに感動したり。
「YES!!!Maru!!」でも通じるもんは通じるんです。
そんな時知くんに花マルをあげたいです。(うまい。え?だめ??そっか…日本語のが難しいね。)
2005/12/06(火) 01:05:45 | URL | おしょん☆ #-[ 編集]
no title
これからの時代あなたのような人が世の中に出てくるかと思うと僕は恐ろしいです。
言葉が通じなくてもコミュニケーション取れても
行き先の分からないタクシーには乗りたくない。
友達が中国でタクシー乗ったら全然違うとこに連れてかれた(笑
2005/12/06(火) 12:30:01 | URL | 時知 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.